cocokana ココカナ 大人かわいいプリザーブドフラワーとアートフラワーのお店


ウエディングブーケやリングピローなどのウエディンググッズ
お誕生日・送別祝い・新築祝い等の各種お祝い、クリスマス・母の日・敬老の日などの
あらゆるシーンでの大切な方へのギフトのために ・・・
ココカナ cocokana プリザーブドフラワー・アートフラワーのお店






















メルマガ登録・解除はこちら
サイトマップ




プリザーブドとは“保存する”という意味をもっています。
プリザーブドフラワーは『長期保存が出来るお花』を意味しています。

オーガニック系の保存液を染料と一緒にまだ元気なうちに摘み取った生花に吸わせて、鮮やかな色ときれいに咲いたままの状態での保存が出来るように加工されています。

とはいえ年月がたてばやはり湿気やほこりなどで劣化を致しますので、決して永遠とはいえません。

それでも、生花のように花びらが散ったり、茶色く枯れてしまうという事はなく、水やりの手間もなく生花の何十倍も保ってくれるのは魅力です。そして、生花を加工していますので、生花よりちょっぴり高価です。
ちょっと高めだけど、本物の花が咲き続けるので、長期間楽しむことができます。

品質保持期間は、湿度・日当たりなどお住まいの環境によって変わってきますが、1年〜を目安に考えておくといいでしょう。





水やりの必要はありません。(水に濡れると色落ちしますので水やりは厳禁です。)


高温・直射日光・湿度の多いところはさけて下さい。劣化・カビの原因になります。


プリザーブドフワーはとてもデリケート。花びらに亀裂が入ってしまう恐れがありますので、扱いは優しく丁寧にお願い致します。


染料を使用しているので、色落ち色移りする場合があります。カーテン・壁紙付近での色移り、また、衣服に付く場合もございますので、ご注意ください。


ほこりはこまめに払うようにしてください。少しのほこりでしたら「ふ〜」っと息を吹きかけて払ってあげてください。静電気でほこりを吸い上げるハタキで優しく払うのもいいでしょう。またドライヤーの弱風を遠くからそっとあててあげる手もあります。(温風はダメです。乾燥にも弱いのであてすぎ注意。)


もし、湿気を吸って花びらが透けてきてしまったら、乾燥材(シリカゲル)と一緒に袋や箱に入れて口は少し開けたままにして様子をみてください。少しでも元にもどる場合がございます。


ほこりを気にされてラッピングしたまま飾るのは湿気がこもる原因となりますので、ラッピングをはずしてからお飾りになるようにしてください。







アートフラワーとは造花の事で、素材としては、ポリエステルがよく使われます。

強度があり、耐磨耗、耐久性に優れています。熱にも強く、型崩れも少ない・軽いといった取扱いの面で多くのメリットをもっています。近年ではかなり種類もカラーも豊富です。

また、特別なお手入れ不要で長期間お楽しみいただけます。
商品管理コスト率が良いため、生花に比べると、お値段もお求めやすくなります。

従来、造花というと安っぽいイメージのある方も多いかと思われますが、ココカナで扱うアートフラワーは精巧な造りの花材のみを厳選して使用しています。





ときどきハケ等を使って丁寧にホコリを落としてください。ドライヤの弱冷風で優しく払ってあげても良いです。


もし汚れてしまった場合は、中性洗剤を染み込ませたきれいな布等で丁寧に拭いてください。


花や葉が抜けてしまった時は、多くのものが茎とのはめ込み型になっておりますので、元の箇所に差し込んでみてください。


ポリエステルのアートフラワーは比較的日光に強いのですが、直射日光の当たる場所・照明の強く当たる場所に飾られるのは、色あせを早める原因となりますのでお気をつけください。


茎にワイヤーがはいっていますので、極端に湿気の多い所や屋外はさけてください。(サビ防止)


※製造段階において、ごくまれにですが、若干の色あせ、色染み・花びら、葉周りに少々のホツレが生じる場合がございます。予めご了承ください。